2011年10月25日

全て1本に統合します

日記の殆どがmixiに移行しており、
このブログは長い間放置しておりましたが、
全てのブログをみんカラ1本にいたしました。

http://minkara.carview.co.jp/userid/724227/blog/
posted by どりお at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スロットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

どりお、ハカリを買う

普段、BSTやSSSCをメインに遊んでいるので
基本的にはノーマグの車ばかりなのですが、
マグ付きの車を走らせない訳ではありません。

焼津のジルチで走らせていた時は
ノーマグとマグ付どちらも同じ位走らせていましたし、
大仁で走らせるのはマグ付だけ。
木製コースでバビュ〜ンとかっ飛ばすのは
気持ちいいですもんね。

先月大仁に行ったのですが、
その時にマグネットセッティングの奥深さを痛感したんです。

全く同じスケレのナスカーを4台持ち込んだのですが、
ある車は全然ダウンフォースが効かず、
違う車は追加マグ入れてあるんじゃないかと思うくらい
ダウンフォースが効く。

これって、純正マグネットの磁力のバラつきや、
シャーシのしなりによるレールとマグネットの間隔等で
変わっちゃうんですよね。

磁力のバラつきはもうホントに博打。(笑)

磁力そのものを計測するテスラメーターを使って
マグネットの管理をしている方もいると思いますが、
そもそもテスラメーターが高価なので、
ワタクシはこんなのを買ってみました。

s-DSCN0167.jpg

ジンクレーシングさんのハカリ。

そもそも、この手のハカリ自体持っていなかったので、
色々使えるんじゃないかという事もあるんです。
スロットカー以外の趣味でもある
自転車の部品の重量を量ったりも出来るし。(笑)



このハカリ、マグネットのダウンフォースを
重量として量れる訳でして、その使い方は、

s-DSCN0173.jpg

まずこんな感じでマグネットを効かさずに載せてリセット。(ゼロ表示にする)



s-DSCN0176.jpg

次にこの状態で量ると、
マグネットのダウンフォース自体がグラムで表示されます。



s-DSCN0178.jpg

車を降ろすと車単体での重量がマイナス表示でわかります。



これはなかなか便利。


先程のナスカー4台を量ってみましたが、
やはり磁力にかなりのバラツキがあり、
ある車は追加マグを載せているにもかかわらず
違う車のノーマル状態よりもダウンフォースがありませんでした。(笑)

また、同じ形状のマグネットを搭載している
スケレの車を色々量ってみましたが、
車によって路面とマグネットとの距離が違ったりするので、
ダウンフォースは車によって全然違うんですね。



さらには普段遊んでいるノーマグの車も計測。

ノーマグなんだからマグネットのダウンフォースなんて
ないんじゃないかと思っていましたが、
インラインの車はモーター自体のダウンフォースが若干あるんですね。



結構奥が深いです。
posted by どりお at 03:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

Slot.itザウバーC9

先日BSTに行った時、常連のプリンス君がSlot.itのジャガーを走らせていたので、
それじゃ自分も・・・・と、久しぶりに引っ張り出しました。

s-DSCN0159.jpg

特にこれでレースに出るとかそういう事ではなく、
仲間と同じカテゴリーの車種で走るのが楽しいんですよね。

Slot.itのC9というと、、
今は無き焼津のジルチさんで行われた
夏の耐久レースを思い出します。

956、ジャガー、ランチア、C9の4車種を
くじ引きで決めて走る形のレースでしたが、引き当てた車がC9。

個人的に一番当たって欲しくない車でした。

C9ってキビキビし過ぎで結構難しいんですよね。(笑)

じゃぁ、他の車種使えって言われそうですが、
このC9とLC2の2台しか走らせていません。
他のモデルは観賞用になってます。(笑)


BSTやSSSCで走らせる場合、
Slot.itのガイドは大きすぎるので削ってありますが、
他は殆どいじっていません。


実はワタクシ、C9だけでなくSlot.itの車はかなり苦手。


やっぱり気楽なSCXやチースロ(笑)がいいな〜。
posted by どりお at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スロットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

オートアートのRX-8

ミニカーメーカーでもある(と言うかこっちが本業)オートアートですけれど、
ここのスロットカーはあんまり人気ないですよね・・・・。

ケースに入れて飾っておくには最高なんですけど。(オイ)


不人気な原因としては、

タイヤがあまりにもグリップしない。
ギヤ比がハイギヤードすぎる。

この2点ではないかと思います。


タイヤに関してはサイズから幅、トレッドパターンまで
見事に再現しちゃっているのですよね。

実車サイズでは困らないタイヤの幅であっても、
スロットカーとしては細すぎだし、
そもそも、硬過ぎてグリップしません。

ニンコ製プラコースならソコソコ走れるのですが、
カレラやスケレのコースとなると本当に悲惨。
直線でも横向いちゃったりします。(ノーマグだと)

そんな訳でちょっとRX-8をいじってみました。

s-DSCN0142.jpgs-DSCN0132.jpg

そんな訳でっていうか、ヒマだったんですよね〜。(笑)
急に思いついて始めたとも言いますが。


前後共Slot.itのホイールを使ってみました。
これならタイヤは選びたい放題。

オートアートのモデルはアクスル径がSlot.itよりちょっと太いので、
アクスル回りもSlot.itの物に交換するのが一番ですが、
お金を掛けずにやるのであれば、
純正のアクスルのホイール装着部分を削ってしまうという荒業もアリです。

私は当然荒業系です。(笑)


ノーマルのホイールと比べ、Slot.itのこのホイールの方が径が小さいので、
インチダウン仕様になっちゃってます。(笑)


早速BSTに持ち込んでみました。

s-R9270233.jpg


ノーマルの状態では1コーナー曲がっただけで
さじを投げたくなる車(オートアートの中で最悪に近いと思う)でしたが、
普通に周回できるようになりました。

現状でBモーターではないSCXのラリー車と同じ位のタイムで走ります。

リヤタイヤがしっかりとグリップしてくれる物が使える状況であれば、
テクニカルなBSTではフロントモーター、
フロントアクスル左右独立タイプは結構あっているようで、
キビキビとした感じで走ります。

純正のギヤ比なのでかなり高速よりでブレーキも効かないですが、
もっとローギヤードになればかなり走る車になると思います。

今の仕様だと荒業系で仕上ているので(笑)
ギヤ比が変えられませんが、
確かSlot.itのクラウンギヤが余っていたはずなので、
アクスルもSlot.it化してみたいと思います。


しかしまぁ、軽快に走るRX-8、カッコイイのですが、
ドライバー乗せないとなんか変ですね。(笑)
posted by どりお at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | スロットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

名古屋でチースロカップ

先週の土曜日、名古屋のスロットワールド32(SW32)さんで行われた
チースロカップに参加してきました。

SW32さんは2年程前に1回行った事があるだけで、
その時に市街地コースをちょっと走りましたが、
レースで使われるグランプリコースは走った事がありません。

初めてのコースという事もあって、
早めに到着し、車の調整や練習をしたいと思っていましたが、
当日仕事を終わらせてから出発した為、到着したのは18時過ぎ。

コースに到着すると、見たことのある人が・・・・。


一昨年のBSTでの年末耐久レースに来ていたIさんでした。


既に自分もメンバーである南信州スロットカー倶楽部(SSSC)の
ラニョッ亭さん、ぴいたあそんさん、tzkさんは到着しており、
模擬レースを楽しんでいる最中。

自分はまだ使用車両さえ決まっていない状態。

出遅れてる・・・・。

イソイソと準備をして各車両を走らせてみると、
どうもこれだという感じの車がない。

SSSCサーキットではナカナカのパフォーマンスを見せる
ストラトスもイマイチな感じ。
ドーフィンは配線間違えていてバックするし(笑)、
完全箱出しのデルタは路面の細かな起伏を拾って挙動が乱れるし・・・・。

う〜む。


レースは20時からと聞いていたので、
あと1時間でゆっくり決めようと思っていたら、

「今日は人数が多いんで、19時からレース開始しま〜す。」

とアナウンス。

え〜、ま、まだ車決まってないッス・・・・。


仕方が無い、さっき走った感じで一番マトモそうなデルタでいいや。
とりあえずビスを緩めてガタ出しして良しとします。


s-R9270219.jpg

参加者は15人。

SW32さんはSlot.Itのパーツが豊富にあるので、
マトモに走らないチースロのパーツを
Slot.Itに組み替えるのが普通らしいです。

SSSCでは殆どノーマルのチースロをウェイトで調整するのが主流、
コースによって楽しみ方や方向性が違うのが面白いです。

今回はSSSCのメンバーが来るという事で、
あまり改造されていない車を使ってくれた常連さんが多かったようです。
お気遣いありがとうございました。

さて、レースの方は各レーンを10分づつ走った合計周回数で順位が決まります。
一番最初に走ったのは1レーン。
不慣れなコース、しかも一番内側のレーンという事もあってか結構難しい。
50周回ることが出来ず終了。

s-R9270212.jpg


2レーン以降はちょっとコースに慣れてきて、
なんとか50周以上周回する事ができました。

後半は攻めどころ等もちょっとわかってきて、
部分的に常連さんとサイドバイサイドのバトルを楽しむ事が出来ました。
部分的と言うのが悲しいところですが・・・・。(笑)

6レーン全て走行が終わりましたが、
まだ時間があるので、うまく走れなかったレーンを走る事に。
ここで先程より周回数が多ければ、多い方の周回数でカウントされるので、
唯一50周回れなかった1レーンを走行し、なんとか50周クリア。


s-R9270203.jpg

常連さん達の走りを見ていて思ったのは、
皆さん走らせ方がとても丁寧でメリハリがありますね。

たとえ短くとも直線はしっかりとスロットルオン、
ブレーキングしてコーナーに入るという感じで、
ダラダラと走らせている感じがありませんでしたし、
無駄にスロットルを開けてテールを滑らせる人も殆どいませんでした。
自分はついつい開け過ぎちゃってテール流しちゃうんですよね・・・・。

見ていて勉強になりました。



レースの結果は総合7位。

まぁ、初めてのコースでは上々の結果・・・・だと思いたいです。(笑)


レースが終わって常連の皆さんがよく行くという
ヤキソバ屋さんに移動して反省会。

色々な話で盛り上がりましたが、
SW32の常連の皆さんのスロットカーに対する
チューニング(調整の方ね)の方法等
非常に勉強になる話が多かったです。
自分は結構適当に調整してよしとしちゃう事が多いので、
今後はもうちょっと調整もしっかりやっていこうかなぁなんて思いました。


またお邪魔したいと思っております。
SW32の皆さん、ありがとうございました。
posted by どりお at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スロットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

バンディーニ走行動画



久しぶりにスロットカーの動画を撮ってみました。
今までの動画ははmixiで公開していましたが、
今回はYouTubeにもアップしてみました。

場所は静岡県富士市のバンディーニさんのコース、BSTです。
走行車両はSCXチューニングカー(笑)、
HPI R32スカイラインGT-R、
スケレ カマロ?の3台です。

全てノーマグ仕様です。

走行してくれたグレートさん、ペーターちゃん、ありがとう。
posted by どりお at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スロットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

もう2月ですが・・・・

今年になって色々忙しくてブログの更新が出来ませんでした。

そういいながらも、レースにはしっかり参加しております。(笑)

バンディーニさんでの2010年度第1戦ラリーレイドにavantのカミオンで出場。

予選4位、決勝Bメイン1位でAメインに勝ち上がりましたが、
Aメインでは4位でノーポイントとなってしまいました。


昨年はバンディーニさんのコースと南信州スロットカー倶楽部での
走行がメインでしたが、今年はもっと色々なコースを楽しんでみたいと思っています。

コースによって楽しみ方や方向性が違いますから、
色々な楽しみ方を知ることが出来ますし、
各地のスロッターと知り合うことも出来ます。

そんな訳で、先週末名古屋のスロットワールド32さんで行われた
チースロカップに参加してきましたが、SSSCと同じニンコ製プラコースとはいえ、
高速コースなのでSSSCとは全然違った感じでとても面白かったです。
結果は散々でした・・・・。(笑)

また、伊豆の国市大仁にある木製コースも月に1回位は通いたいと思っています。
こちらはマグ付がメインになりますが、ノーマグだけでなくマグ付もやっぱり面白いですし、
東海、中部地区で木製コースが走れる貴重な場所だと思います。

レースの模様は追々書いていこうかなぁ・・・・。
posted by どりお at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | スロットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

年末恒例耐久レース

今年の年末も、バンディーニさんの恒例レース、
耐久レースが締めくくりです。

昨年は18時間でしたが、
多方面から「やっぱり24時間やらんと・・・・」と言う
ドMな意見が多かったらしく、今年は24時間でした。


30日16時スタート。31日16時ゴール。


ホントに24時間走りっぱなし。正直言ってアホすぎる。(笑)


そういいながらも喜んで出てしまう私。



昨年はオーガナイザーとレースディレクターが、
各チーム均等になるような人員振り分けでしたが、
今年は各チーム毎特色を人員振り分けとなり個性豊かな4チーム。


ヨコハマからわざわざやってくるドMな人たちの「遠征組みチーム」
このチームにはブラジル人スロッター、ファビオ氏も参加。


BSTの過去のチャンピオン達が集まった「BST OB連チーム」
最近は仕事や家庭の関係でなかなかレースに参戦できないものの、
伝説を残したチャンプ達が集まりました。


そして、「チーム●ヤトコwithどりお」
今年のBSTでのシリーズチャンプであるブランビラさん、
2位の私、3位のコイケさん等、現在のBSTでの上位陣が集まったチーム。


最後が「大佐と愉快な仲間たち」
毎回レースで「それで出るんかい!」と笑いと感動を振りまくべるらん大佐と、
お祭り騒ぎが大好きな常連さん達のチーム。
このチーム、合言葉は「まぁ、お祭りですから(笑)」


そんな個性豊かなチームでのレースとなりました。


何度か一緒にコントを握り、南信州スロットカー倶楽部神奈川支部員でもある
さび太郎ご夫妻も今回参加。ちなみに神奈川支部員現在3名。(笑)


24時間という長丁場のレースでしたが、
その殆どの時間に笑い声がある、本当に楽しいレースでした。

レースリポートは・・・・疲れたんで来年。(笑)

なにしろ30分しか寝なかったのでかなり眠いです。

自分の参加するチームは
フロントホイールが吹っ飛んだりしながらもコンスタントに周回を重ね、
なんとか優勝する事が出来ました。


s-PC313347.jpg

今回のレース、BSTの壁面に名前を残すことに。

実名なんでモザイク。



s-PC313344.jpg

チーム全員で記念撮影。

みんなイイ顔してますが・・・・一応モザイク。(笑)




さぁ、もう数分で2010年です。

来年もスロッターの皆さん、よろしくお願いしますね。


良いお年を!
posted by どりお at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スロットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

ラリーレイドは面白い

年末の24時間耐久レースの練習にBSTへ行ってきました。

TS3K0046.jpg

レースはNINCOのポルシェ997を使用します。(当日支給)

997は持っていないので、似たような車(フォードGTやBMW M3)で
練習すれば良いかと思っていましたが、
やっぱりボディ形状が違えばフィーリングも違うので
同じ車種で練習するのが一番。

そんな訳でバンディーニさんで997を購入。
先日のレースでの賞品(商品券)を使ってゲットしました。

マグネットを外し、注油した程度の状態で走らせましたが、
やっぱりNINCOのアングルワインダーモデルは速いですね〜。

なんと言っても走らせやすい。

アングルワインダーのGT系車両は色々ありますが、
この997、個人的にかなり好きなフィーリングです。

昨年末の耐久はFLYとSlot.itのフェラーリF40でしたが、
その時よりも速いタイムでの戦いになるんじゃないかと思います。

と、まぁ、目を三角にして練習を続けても疲れてしまうので、
お遊び的に来年初戦であるラリーレイドの車両を走らせてみました。

TS3K0053.jpg

NINCOのハマーとプロトラック、
パワースロットのハマー、Avantのカミオン。

4台並べるとコースが狭い。(笑)

この手の車種はメーカー毎の味付けがかなり強烈ですね。(笑)

一番普通っぽいのはNINCOのプロトラックでしょうか。
NINCOのハマーは重心が高くサスが柔らかい為、
速く走るのはかなり難しいのですが、
盛大にロールしつつコーナーを抜けていく姿は
実車を彷彿とさせてカッコイイです。

一番ワイドトレッドのパワスロハマー、
モーターパワーもあるしコレが一番速いんじゃないかと
思っていましたが、思いのほか重心が高く結構横転しやすいです。
でもコレはコレで楽しい。


Avantのカミオンは色々な意味で凄いです。(笑)

個人的に一番走らせて面白いのはこのカミオン。

ずっと走らせていたくなるお気に入りの1台です。
posted by どりお at 02:24| Comment(2) | TrackBack(0) | スロットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

シリーズ最終戦を終えて

え〜、久しぶりの更新になっちゃいましたが、
文字ばっかりでゴメンナサイ。
めんどくさがらずに最後まで読んでね。
(写真撮り忘れたというか、デジカメ持って行くの忘れたんで)



富士市のバンディーニさんでのレース
「BST SADISTIC COMPETITION 2009 ROUND 12」が
先日の土曜日に行われました。


シリーズ戦であるレースも今回が最終戦。


1回所用で出場できませんでしたが、11戦に参加しました。

初戦の1月のレース時の目標は「Aメインに入ること」でしたが、
ほぼ毎回Aメインに入ることができ、数回優勝する事も出来ました。


さて、最終戦。


お題はFLYクラシック。
自分としてはかなり苦手なカテゴリー。

ヘンテコなジャンルの車が好きな自分としては(笑)
正統派なFLYクラシックはかなり苦手なんですよね。
普通に速いしカッコイイもの。


もっと気持ち悪い車の方がモチベが上がりますね。(笑)


クローズドボディの車両はモーター交換OKだったので、
NSRのモーターを打ち込んだポルシェ917Kで
参戦するつもりでいたのですが、
あまりにもピーキー、そして走る度にパワーに負けて
ホイールが割れる(笑)という状態だったので、
コンスタントに良いタイムで周回できるポルシェ908/3で出走しました。


ひねりも何もありません。ちょっと反省。


そういう面ではLMMのマトラで出走した大佐は凄い。
かっこよすぎ。尊敬します。



で。



ポイントリーダーのブランビラ氏とのポイント差は
1ポイントという状態で迎えた最終戦。




当然、かなりピリピリした状態



ではなく、


レース前、一緒に夕飯食べに
近所の食堂に行ってました。(笑)


ブランビラ氏、本当にナイスガイです。

スロットカーに注ぐ情熱、愛情等、
見習わなくてはと思う部分も沢山あるし、
話をしていて本当に楽しい人です。




レースの方はですね、
予選は思うようにタイムが縮まらず4位。

3位まではAメイン、4位はBメインとなり、
Bメイン1位なら勝ち上がりでAメインに出走できるレギュレーション。

ただ、Aメインに繰り上がったとしても、
走行するレーンは予選1〜3位の選手が選ばなかった
いわば一番人気のないレーン。

当然タイムは出しにくい。

また、決勝4位ゴールだとノーポイントとなる為、
Bメインで1位になり、Aメインに繰り上げになったとしても、
勝てる見込みは薄い。


さて、どうしたもんかね。


作戦と言うか、
シリーズチャンピオンという栄光を手にする事を優先するのであれば、
自分が走るBメインには前年度のチャンピオン、
ベルガー氏も出走するので、あえて自分はBメイン2位を狙うと言うのもアリ。

今回のレースはBメイン1位の人がAメインに繰り上がる。
間違いなくベルガー氏が繰り上がるはずだし、
どのレーンでも速いベルガー氏なので、
もしかしたらAメインのブランビラ氏が
4位でノーポイントになる可能性もある。

こうなると、Bメイン2位の人がポイントでは4位となるので、
総合優勝の可能性もある。


と、考えたのですが、
そういった感じで勝ったとしても、
精神衛生上あんまり気持ちよくない。


やっぱりさ、ガチで勝負して白黒つけないとスッキリしないって。(笑)


という訳で、
レーンがどうこうとかいうよりも
一緒に走って先にゴールした方が
勝ちって方がわかりやすい。

そんな訳で、Bメインは好きなレーンで走れるので、
決勝は100周は超本気モードで走って1位でゴール。


勝ち上がってAメイン、120周。


結果は4位でした。(笑)


地味〜なコースアウトを連発してしまったのが敗因でしょうか。

地味に外れると地味すぎて
マーシャルに気付いてもらえないみたいです。(笑)

外す自分が悪いわけですから仕方ありません。



でも、周回タイム的には互角の勝負という感じでしたし、
自分としては苦手ジャンルの
FLYクラシックでここまで戦えたという事も嬉しいです。

なにより走り終えて悔しさとかそういうものはなく、
清々しかったし素直にこの日優勝したコイケ氏を称え、
シリーズチャンピオンとなったブランビラ氏を称えたいと思いました。

終わった瞬間、笑顔で「お疲れ様でした!おめでとう!」と
握手を交わせたのが最高でした。


そんな訳で、今年のバンディーニさんでのシリーズ戦は
総合2位という結果でした。

もうちょっとで総合優勝、という感じではありましたけれど、
2位でも上出来だと思います。

何しろ年頭の目標は優勝とか勝利ではなく、
Aメイン出走でしたからね。(笑)

トロフィーを頂いてかなりご満悦です。


今年のレースに参戦し、最終戦を終えて思ったのは、
来年は記録よりも記憶に残るようなレースをしたいと思います。(笑)


そういう面では、毎回ありえないような車種を選択し、
場を沸かし、毎回バンディーニ賞(目立った人や
唯一無二の車両を使った人に与えられる栄誉ある賞)
になっている大佐を見習いたいし、
負けないように頑張りたいと思います。

来年も頑張るよ。

でも、その前に年末の24時間耐久レースがあるので、
そっちを頑張ります。

チーム編成はまだわかりませんけど、
同じチームになったスロッターの方、
細かい事は抜きに一緒に楽しい時間を過ごしましょ〜。


とりあえず。


さび太郎さん、全力でお待ちしております。(笑)
posted by どりお at 03:02| Comment(1) | TrackBack(0) | スロットカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。